新たな住まいを探すときは|不動産選びのポイントとして

東京から埼玉を結ぶ沿線

外観

都内で住みたい地域

東武東上線は、池袋駅から小川町を経由して寄居駅までを結ぶ鉄道です。特に平日の通勤時間帯は、池袋方向の電車は通勤客でかなり混雑します。なぜ混雑するかといえば、東武東上線沿線は全体的に都内では地価が安めなので、不動産を買いやすい地理環境だからです。混雑が嫌な場合は各駅停車に乗ればそれほど混まないので、通勤で不自由な思いをすることもありません。東武東上線沿線の中でも特に人気があるのは、池袋駅周辺と川越駅周辺です。人気の理由は、池袋は都内屈指の繁華街で川越は埼玉県でも有数の大きい都市だからです。他には、都内だと大山駅や成増駅、埼玉県だと志木駅周辺の不動産が人気があります。これらの地域は沿線の中ではやや高めですが、他の地域はリーズナブルです。

都内か埼玉県か

東武東上線沿線は人気エリアで閑静な環境で治安も良く、不動産購入を検討するに際して注意すべき点は多くありません。あえて言うなら、東武東上線が鉄道トラブルなどで動かなくなった時に帰りにくいエリアがあるので、その点は注意が必要です。あとは、人気エリアゆえに、不動産会社に行けば色々な物件を紹介してもらえます。その際、できれば複数の不動産会社に足を運び、比較しながら物件を探すことがお勧めです。賃貸で数年しか住む予定のない人は、これでいいやと適当に物件を決めてしまう場合があります。しかし、生活の拠点となる場所をそれなりのお金を払って買うのは重要なことです。あとは、東武東上線は東京から埼玉県を走る電車なので、都内に住むか埼玉県に住むかも重要な選択です。